気になる芸能情報!ちょっとトレンドチェック!

最新の芸能情報をまとめてみました。 気になるあの芸能人は? 世間の注目を集める芸能ニュースは? そんな気になるちょっとしたニュースを集めています。


    上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年1月20日 - 2022年5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、ちゃん(先輩芸人が使用する)または、さん(若手芸人などが使用することがある)。
    36キロバイト (5,073 語) - 2022年5月11日 (水) 13:07

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/11(水) 14:21:25.71

    5/11(水) 13:57配信
    日刊スポーツ

    タレントの大竹まこと(72)が11日、冠ラジオ番組「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送)に出演し、亡くなったダチョウ倶楽部の上島竜兵さんについて「本当に貴重な、稀有(けう)な存在」としのんだ。

    大竹はオープニングトークの途中で、「この番組ではあんまりほかの芸能人のことを言ったりはしないんだけど、今日はちょっと…ダチョウ倶楽部の上島くんがねぇ。なんて言ったらいいのかわからないんだけど」と、上島さんの訃報に触れ、「上島くんはねぇ、まあ本当に貴重な、稀有な存在で、『バカ』のできる人ってそんなにたくさんはいない。こういう人は本当に貴重で」と、早すぎる死を惜しんだ。

    レギュラーのいとうあさこ(51)は、3月にNHKの番組でダチョウ倶楽部の3人と共演したばかりだといい、涙で声をつまらせながら「貴重な時間で、あんまり楽しかったんで、その後、大久保(佳代子)さんの家に行って『すごい楽しかったよ』って言って飲んだのがついこの間だった。だからちょっと、泣けては来ますけど、まだピンとはきていない」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9375cab415f982f81c42e86af2c77341c2b305a5


    【【芸能】大竹まこと「『バカ』のできる人 本当に貴重な、稀有な存在」ラジオ番組で上島竜兵さん悼む】の続きを読む


    藤林 温子(ふじばやし あつこ、1992年10月16日 - )は、毎日放送(MBS)のアナウンサー。MBSを含むJNN・JRN加盟局の優秀なアナウンサーを表彰するアノンシスト賞で、2020年度にCM部門の最優秀賞を受賞した。 福井県坂井郡金津町(現在のあわら市)の出身で、ニックネームは「ぬっく」「ア
    60キロバイト (9,080 語) - 2022年5月11日 (水) 03:02

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/11(水) 14:41:11.71

    5/11(水) 10:21
    日刊スポーツ

    M-1グランプリの19年ファイナリスト、お笑いコンビからし蓮根の伊織(28)が、MBSの藤林温子アナウンサー(29)と離婚していたことが、11日までに分かった。

    2人に近い関係者によると、藤林アナは3月末から休職しており、5月1日に離婚届が提出されたという。MBS広報部は「社員のプライバシーについてなので、何もお答えすることはできません」とした。

    2人は、同局テレビ「せやねん!」番組ロケを機に急接近。親交を深め、20年9月に伊織の誕生日に交際約1年で結婚。伊織が藤林家に養子へ入り、ラジオなどで「本名が藤林伊織になった」などと話していた。

    2人は、スピード結婚から、わずか1年7カ月での離婚となった。


    (出典 www.nikkansports.com)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/11f6f85a06904355a948645184ac40ee6df67194


    【【芸能】からし蓮根の伊織、MBS藤林温子アナと離婚 交際1年スピード結婚からわずか1年7カ月】の続きを読む


    小林 麻耶(こばやし まや、1979年7月12日 - )は、日本の元アナウンサー(TBS→フリー)、キャスター、占い師。新潟県小千谷市出身。身長157cm。血液型A型。セント・フォース、生島企画室を経て、2020年11月13日よりフリー。 妹は元フリーアナウンサーの小林麻央。
    49キロバイト (6,876 語) - 2022年4月26日 (火) 15:39

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/09(月) 14:48:26.57

    5/9(月) 14:16
    J-CASTニュース

    小林麻耶ブログ、更新数は「1か月で950回」 数分ペースでの投稿も...訪問数は1億9000万超

     フリーアナウンサーの小林麻耶さんのブログでの発信が、ここ数か月にわたって注目を集めている。

     麻耶さんはこれまでもブログを運営していたが、2022年2月1日に「Life is Beautiful」と題した新たなブログを開設。当初は本人の日常を報告する内容がメインだったものの、3月10日に夫で整体師の國光吟さんとの離婚をリブログで発表(後に再婚を発表)。その後も、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんを批判するエントリーを多数投稿するなど、その発信が話題を呼んできた。

     麻耶さんは4月30日、「感謝の気持ちでいっぱいです」としつつ、当面はブログの更新を行わないことをエントリーで明らかにした。これまでの投稿を振り返った。

    ■3か月間の合計更新数は1713件

     同ブログのエントリーの数を見てみると、2月は86件だったが、3月に入るとその数は677件に急増。そして、4月に至っては950件となった(いずれもリブログを含む)。4月は1日に約31回更新しているペースだ。

     3か月間の合計更新数は1713件であり、時間帯によっては数分おきの更新も珍しくなかった。

     その甲斐あってか、閲覧数も相当なものになったようだ。小林さんがブログの「終結宣言」を出した4月30日、國光さんは自身のブログで、麻耶さんのブログについて、4月は「1億9000万アクセス」だったと公表。3月についても「約1億万アクセスでした」(原文ママ)と説明していた。

     アメーバブログのランキングでも1位になった。

     3月25日には、國光さんが自身のブログで、麻耶さんのブログが総合ランキングで1位になっていることを発表。麻耶さんはこれに、「きゃーきゃーきゃー うれしーーー ありがとうございます」と自身のブログで反応していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c5a33a2d3b8382d4f15db82051b17f5ffd12c689


    【【芸能】小林麻耶ブログ、更新数は「1か月で950回」 数分ペースでの投稿も...訪問数は1億9000万超】の続きを読む


    松丸 亮吾(まつまる りょうご、1995年〈平成7年〉12月19日 - )は、日本の作家、タレント、謎解きクリエイター。AnotherVision2代目代表を経て、RIDDLER株式会社代表取締役。 千葉県市川市出身。市川市立新浜小学校、麻布中学校・高等学校、東京大学工学部在学中。現在『おはスタ』
    10キロバイト (1,157 語) - 2022年5月4日 (水) 01:04

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/11(水) 19:21:22.14

    2022年05月11日 18時48分

     謎解きクリエーターでタレントの松丸亮吾(26)が11日、ツイッターを更新。兄であるメンタリストDaiGoの〝暴走〟を心配していることを明かした。

     松丸は「『他人を攻撃する時間があったら自分のために時間使った方がいい』みたいな大学の研究結果ないかな? 兄に送りたい」と投稿。その理由について「最近ちょっと暴走気味なので僕は心配してます」などとつづった。

     すると兄のDaiGo本人が、すかさず「何かしたっけ?最近は身に覚えがない。笑」と投稿。

     これに対し、松丸は「自分のツイートをぜひ見返していただいて… あとスペースとかの発言も気をつけてね、、」と返信した。

     兄のDaigoは、この日急逝したダチョウ倶楽部・上島竜兵さんへの思いをつづった上で、「芸能人の闇暴露するという詐欺師の言葉を間に受けて、騒いだかと思えば、自*る芸能人が出たら、かわいそうだ、芸能界の闇だと陰謀論で騒ぐ。1番闇の闇はこの掌返しの大衆だ。タレントを追い詰めるのは、いつだって大衆そのもの。」(原文まま)と〝大衆〟へ向け、攻撃的な内容のツイートを発していた。

     DaiGoといえば、昨年ユーチューブでホームレスに関する差別的な発言をして炎上。社会的な問題となり謝罪している。


    (出典 www.tokyo-sports.co.jp)

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4185266/


    【【芸能】松丸亮吾が兄DaiGoを懸念「最近ちょっと暴走気味なので僕は心配してます」】の続きを読む


    芦田 愛菜(あしだ まな、2004年6月23日 - )は、日本の女優、タレント、歌手、声優、ナレーター。兵庫県西宮市出身。ジョビィキッズプロダクション所属。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。 2007年(平成19年)、芦田が3歳の時に母親からの勧めにより、芸能界に入る。 2009年(平成21年)、『ABC
    99キロバイト (14,157 語) - 2022年5月6日 (金) 22:50

    1 Anonymous ★ :2022/05/11(水) 21:29:52.75

    2022.05.11
    https://taishu.jp/articles/-/101926?page=1

     わずか3歳で芸能界入りし、「天才子役」としてその名を馳せた芦田愛菜(17)。いまや、子役のイメージを脱却し、才色兼備の知性派タレントとして確かなポジションを築いている。

    「今年5月に、高校生を対象に行われた『高校生の将来就きたい職業に関するトレンド調査』という調査(アイ・エヌ・ジー調べ)で、同世代で憧れる人として、芦田はユーチューバー『コム・ドット』のリーダー、やまとと並んで1位を獲得しています」(情報誌ライター)

     芦田は現在、都内の超名門私立女子高に通う高校3年生。リアルな高校生にとっては、あの木村拓哉(49)とCMで共演するなど芸能界で華々しく活躍しつつ、有名難関校に通う芦田の姿は、羨望と尊敬の対象なのだろう。

    「芦田は2010年、6歳のとき、テレビドラマ『Mother』(日本テレビ系)でネグレクト被害を受ける少女を演じ、その演技力を絶賛されました。さらに2011年、『マルモのおきて』(フジテレビ系)でゴールデンタイム連ドラ史上、最年少となる7歳で主演。人気を不動のものにしました。

     このドラマで共演した鈴木福君とともに『マル・マル・モリ・モリ!』で歌手デビューも果たし、オリコンチャートで最高3位を獲得。日本人の誰もが知る“国民の娘”となったんです」(女性誌記者)

     こうして人気子役となった芦田だが、小学校時代から勉強にも手を抜くことなく、常にトップクラスの成績を維持していたという。中学受験の際には仕事量を減らして勉強時間を確保し、見事、超難関私立中に合格。もともと勉強好きで、小学生で年間60冊、中学生になると年間300冊を読み続けており、2019年には自身が読んできた約100冊について書いた『まなの本棚』(小学館刊)という書籍まで発売している。


    ■わずか5人の「超狭き門」を突破して医学部進学

    「芦田さんのこうした姿勢は、成績にも表れています。内部進学した女子高でも成績は常にトップクラス。2019年からは『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)で司会を務めていますが、一貫して学業優先の姿勢は崩していません。現在の学校は芸能活動にも理解があるとはいえ、勉学をおろそかにしない芦田さんの姿勢を高く評価しているそうです」(高校関係者)

     そんな“令和の才媛”に最近、吉報が届いたという。

    「芦田さんは内部進学で、念願だった系列大学の医学部への進学が内定したそうです。私立の超名門として知られる同大学の医学部に推薦で進めるのは、女子高からはわずか5人の超狭き門。簡単にいえば、学年の“トップ5”に入っていないと難しい。さらに、内申点もありますから、単純に成績がいいだけでもダメ、という狭き門です」(前同)

     実は芦田は、中学時代にすでに医学への道を志していたという。

    「中学1年の時に『スッキリ‼』(日本テレビ系)に出演し、“将来の夢は病理医”と語っていたんです。病理医とは、主に採取した組織や細胞を顕微鏡で観察して診断を下す仕事。たとえば、がんの治療では、がん細胞が残っていないか判断するといった非常に重要な役割を果たします。マンガ原作で2016年に長瀬智也が主演したドラマ『フラジャイル』で、病理医は一躍その知名度を高めましたよね。

     それにしても、12歳にしてなりたい職業として『医者』ではなく、『病理医』と口にしていた芦田さんには、正直、驚きますよね」(前出の女性誌記者)

    “ドクター愛菜”が踏み出した夢への第一歩。来年以降、医療ドラマの出演オファーは間違いなし⁉

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652255058/


    【【芸能】芦田愛菜17歳スゴすぎ「来春医学部進学内定」!「5人だけの超難関」突破で“究極二刀流”「病理医と女優」夢実現】の続きを読む


    野田 クリスタル(のだ クリスタル、1986年 (昭和61年) 11月28日 - )は、日本のお笑いタレント、ゲームクリエイター、YouTuber。お笑いコンビマヂカルラブリーのボケ担当。NSC東京校8期と同期扱い。本名は野田 光(のだ ひかる)。相方は村上。吉本興業東京所属。『R-1ぐらんぷり2020』王者。
    38キロバイト (4,342 語) - 2022年5月4日 (水) 09:12

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/08(日) 17:02:00.20

    5/8(日) 16:00
    東スポWeb

    野田クリスタルが筋トレ芸人を募集「三ヶ月間ジムに通ってく
    れる芸人を探しています!」

     お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタル(35)が8日、ツイッターを更新。一緒に筋トレする芸人を探していることを明かした。

     野田は2014年から筋トレに励んでいる“筋肉芸人”の一人でもあるが、ツイッターで「クリスタルジムから芸人の皆様へのお知らせです。現在クリスタルジムでは三ヶ月間ジムに通ってくれる芸人を探しています!」と呼びかけた。

     野田は筋トレの知識にも自信があるようで「美バディからマッチョまでなんでも要望に答えます!もちろん無料です。興味ある方是非お声がけください こちらの判断で強制的に連行する場合もあります!」などとつづった。

     真意は分からないが、筋肉芸人を集めた新ネタを作るアイデアでもあるのか…。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6405813e132f997e7605bb1deeb9e9525c750b19


    【【芸能】野田クリスタルが筋トレ芸人を募集「三ヶ月間ジムに通ってくれる芸人を探しています!」】の続きを読む


    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年〈昭和44年〉4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者。お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当。相方は山本圭壱。身長177cm。 北海道小樽市出身。小樽ふれあい観光大使。 吉本興業(東京吉本)との専属マネジメント契約→エージェ
    57キロバイト (8,358 語) - 2022年5月5日 (木) 06:41

    1 フォーエバー ★ :2022/05/08(日) 14:37:40.43

     お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(53)が7日深夜放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後11・30、土曜深夜0・00)に出演。ある食べ物の値段に不満を示した。

     番組では最近の流行が話題に。すると加藤が「かき氷、きょうテレビでやってたんだけど、(値段が)一杯で2000いくらだよ」と不満そうに口を開く。しかし、モデルの池田裕子は「そうです。ソースがちゃんと生のフルーツを使ったやつなんですよ。どこどこ産のイチゴとか、メロンとか…」と説明し、さも当然といった口ぶりだ。これには加藤が「おかしいって!」と即反論。池田は「お店で作ってるんです。生で食べておいしいメロンをわざわざソースにしてるんです」と訴えたが、加藤は「メロンに氷をぶっかければいいのに。やってること一緒じゃん。家でメロンを買って、氷をぶっかければそれでいいんだよ」と“持論”を口にして、全く納得しない。

     池田は「見た目がかわいくて、みんな写真を撮りたいんですよ」と“若者代表”の視点で告げる。それでも加藤は「おかしいって。サラリーマンはワンコインで昼飯食ってんだぞ。かき氷で2000いくらっておかしいって」と返し、激論は平行線のまま。「スピードワゴン」小沢一敬が「我々男性陣は払えない。女子払うでしょ?」が聞くと、池田は「毎日じゃないじゃないですか。夏に1回、2回ぐらいの贅沢(ぜいたく)ですよ。だったらいいじゃないですか!」とキッパリ。しかし、加藤は「氷だよ。ロケだったら食うけど。かき氷に2500円、オレは絶対に出せない!」と断言。最後まで両者の主張が重なることはなかった。

    2022年5月8日 11時5分 スポニチアネックス
    https://news.livedoor.com/article/detail/22126972/
    ★1:2022/05/08(日) 11:27:03.86 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1651976823/


    【【芸能】加藤浩次「絶対に2500円は出せない!」 若者に大人気“あの食べ物”の値段に不満あらわ】の続きを読む


    仲本 工事(なかもと こうじ、1941年〈昭和16年〉7月5日 - )は、日本のコメディアン、ミュージシャン(ギタリスト)。 ザ・ドリフターズ(ドリフ)メンバー。ドリフから派生したこぶ茶バンドメンバーとしても活動した。 本名は仲本 興喜(なかもと こうき)。
    24キロバイト (3,082 語) - 2022年4月26日 (火) 19:32

    1 征夷大将軍 ★ :2022/05/10(火) 06:35:17.26

    ゴールデンウイーク真っただ中の夕方。閑静な住宅街にある居酒屋から、シャッターを開けて出てきたのは仲本工事(80)だった。黒いズボンに、ピンクのTシャツ。胸には大きく“届け!”とプリントされていた。店から出てきた足でコンビニに向かい、ゼリーやジュース、ペット用品などを買い込んでいた仲本。だが、ひとり買い物をするその背中は、妙に寂しげで――。

    「じつは仲本さん、半年ほど前に奥さんが家を出ていってしまったのです」

    こう明*のは仲本の知人だ。ザ・ドリフターズのメンバーとして日本中を沸かせ、現在も加藤茶(79)、高木ブー(89)と「こぶ茶バンド」の活動を続ける仲本。

    2012年7月に、27歳年下の演歌歌手・純歌(54)と3度目の結婚をした仲本は、2015年に2人の名を冠した居酒屋『仲本家JUNKAの台所』をオープンした。

    「純歌さんが得意の料理を振る舞い、仲本さん本人も仕事がないときは毎日顔を出して、協力して店を切り盛りしていました。時折、加藤さんと妻の綾菜さん(34)も店を訪れていました。

    しばらくは繁盛していたんですが、だんだんと純歌さんの“暴走”が目立つようになって……。店にカブトムシなどの昆虫食を置いたりして、徐々に客足は遠のき、常連も去っていってしまいました」(前出・仲本の知人)

    本誌が、居酒屋を訪れるとシャッターは閉まったまま。定休日ではないのに、営業時間になっても店が開く様子はない。

    「そういえば最近、休業などを知らせる張り紙とかも貼ってないし、営業時間に電話しても誰も出ませんでした。

    『仲本家』の隣には、純歌さんが経営しているスナックもあるのですが、こちらも閉まったまま。仲本さんも、ご自宅にいらっしゃることが多いようですね」(近所の住民)

    「手伝いに行ったまま帰ってこない」
     
    仲本夫妻の結婚は、加藤夫妻の“45歳差婚”の翌年だったこともあり、当時は注目を集めた。

    結婚後、仲むつまじい姿をメディアで見せていた仲本夫妻。いったい何があったのか――。

    「あまり宣伝していませんが、昨年末に純歌さんは横浜市内にカレー店を開いたそうなのです。彼女はそれを理由にして、仲本さんと暮らしていた自宅に帰らなくなってしまったのです。

    いま『仲本家』は、代役の料理人に来てもらったときだけ開店しています。しかも純歌さんは、その横浜のカレー店関係者といっしょに暮らしているという話が常連の間でささやかれていて、仲本さんもかなりショックを受けていると聞きました」(「仲本家」の常連客)

    仲本は2020年9月にYouTubeチャンネルを開設し、夫婦で仲よくパ*に興じる動画を配信していたのだが、昨年末を最後に妻は出演していない。

    「純歌さんは現在もSNSなどで“仲本工事の妻”とうたっているのですが、自宅には戻ってきません。仲本さんは高齢ですし、周囲も心配しています」(前出・仲本の知人)

    かたや年の差婚仲間の加藤は、妻とラブラブな生活を送っている。

    「加藤さんご夫婦は、結婚当初こそ“財産狙い”などと中傷されることも少なくありませんでした。しかし、加藤さんの闘病生活や仕事のサポートを、綾菜さんは多くの資格を取得したりしながら、献身的に続けてきました。

    綾菜さんが加藤さんの舞台のたびに毎日お弁当を作って、稽古場や劇場にご自分で届けているのを見たこともあります」(芸能プロ関係者)

    加藤との明暗は、どこで分かれてしまったのか。本誌は、コンビニから帰る仲本を直撃した。

    ――純歌さんが家を出ていってしまったと聞きました。

    「いや、そうじゃなくて……。横浜でカレー屋さんやっているから、そっちに行ってるよ」

    ――その店の関係者と暮らしているという証言があります。

    「そんなことないよ! だって俺、毎日そっちに行ってるんだから。そんな質問なら事務所を通してくれよ」

    あくまで純歌が仕事で行っているだけと答えたが、彼女が居酒屋を放り出して出奔したことは否定しなかった。また本誌が取材した限りでは、仲本が横浜を訪れている様子はなかった。

    仲本の所属事務所に聞くと、「プライベートのことは一切本人に任せてあります」という回答があった。

    仲本が着ていたTシャツの“届け!”という文字は、戻ってきてほしいという願いが、妻に届いてほしいということなのか――。
    「女性自身」2022年5月24日号

    女性自身 最終更新日:2022/05/10 06:00
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2094844/


    【【芸能】仲本工事 結婚10年目に27歳年下妻が家出していた…2人で開店した居酒屋も休業状態】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に
    155キロバイト (16,779 語) - 2022年5月9日 (月) 06:41

    1 Anonymous ★ :2022/05/10(火) 23:02:12.98

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202205090000641_m.html
    タレントの中川翔子(37)が9日、VTuber市場拡大へ自信をみせた。9日、日本テレビが4月から新たに設立したVTuber等のインフルエンサー事業を行う新会社「ClaN Entertainment」の新プロジェクト発表会見に出席。日テレ初のVTuber番組として昨年7月からTVerで配信してきた「プロジェクトV」の1周年記念オンラインライブ「summer Voyage!」のスペシャルサポーターに就任した。

    中川は同番組にも出演経験があり「最も新しく、最も盛り上がっている素晴らしい世界であるVTuberのみなさんが大集合する素晴らしいイベント。愛を持って盛り上げたいと思います」と力を込めた。

    ライブは7月3日にオンライン上で実施し、日テレ内のホールでパブリックビューイングも行う。アイドルやアーティスト、VTuberを掛け合わせたコラボレーションなど、さまざまなコンテンツ配信を予定している。

    自身もアーティストや声優としても活動し、アニメなど二次元カルチャーの先駆け的存在として長く業界をけん引してきた。プロジェクトV出演時には推しキャラというシスター・クレアの姿に興奮する場面もあったといい、この日も「シスター・クレアさんはあんなに清楚(せいそ)な感じなのに、かがむとガーターベルトしているんですよ」と熱弁。

    共に登壇した古坂大魔王は番組での中川について「今、おっさんでもやらないようなセクハラをどんどんやって。一番コンプラを無視していた」と振り返った。中川も自覚はあり「もう呼ばれないかなと思ったら、また呼んでいただいて。寛容な業界なんだなと思いました。みなさんに嫌われないようにギリギリを攻めていきたいと思います」と笑わせた。

    VTuberはバーチャルYoutuberの略で、動画配信などを行うCGアバターのこと。仮想空間上でVTuberがライブなどを行う映像が若者を中心に人気となっている。日テレは18年にVTuber事業を立ち上げ、世界最大級のVTuberネットワーク「V-Clanネットワーク」の運営、VTuber番組「プロジェクトV」の放送などを行い、4月に同局社員で同事業の提案者でもある大井基行氏が代表取締役に就任する形でClaNを立ち上げていた。


    【【芸能】中川翔子、VTuber業界は寛容「みなさんに嫌われないようにギリギリを攻めていきたい」】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に
    155キロバイト (16,779 語) - 2022年5月9日 (月) 06:41

    1 ひかり ★ :2022/05/09(月) 07:15:47.29

     タレント・俳優の中川翔子(36)が、9日発売の『週刊ヤングマガジン』23号(講談社)のグラビアに登場。大きな話題となっているデビュー20周年記念写真集『ミラクルミライ』(6月8日発売)から、ひと足早く未公開のアザーカットを解禁した。

     中川にとって10年ぶりとなる写真集は、全編沖縄で撮影され、中川が“生きた証を残したい”と挑んだ永久保存版。『ミスマガ』時代を思い出させる王道ビキニショットをはじめ、今だから着こなせる大人っぽいランジェリー姿やドレス姿、さらに自らが「今まで以上に攻めた」と公言する過去最高の色っぽいショットまで、たっぷりと収録する。

     今回は写真集から“激レアしょこたん”カットを披露。ビーチでの王道ビキニショットや、背中の大胆に見せる大人のドレスショット、さらには黒いレースのランジェリーでヒップラインをあらわにしたショットなど、写真集の期待が大きく高まる先行カットとなっている。

     また、同号の表紙&巻頭グラビアには、フリーアナウンサーの鷲見玲奈(31)が登場。圧倒的なオーラを放つ“週末の朝の顔”が、唯一無二の美しさで魅了する。

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c00adbf2e2b76ed33ea92a5e1005d68f79f3df0

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】中川翔子、話題の写真集から“激レアしょこたん”解禁...黒レース大胆バックショット】の続きを読む


    関根 (せきね つとむ、1953年(昭和28年)8月21日 - )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優、歌手、司会者。旧芸名はラビット関根。東京都港区出身。浅井企画所属。娘はタレントの関根麻里。 所属事務所の後輩で長年の親友でもある小堺一機とのコンビは、コサキンとして知られている。
    68キロバイト (8,926 語) - 2022年4月29日 (金) 09:11

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/10(火) 19:11:15.69

    5/10(火) 19:06
    スポニチアネックス

    関根勤がYouTubeチャンネル開設 第一回はさんまの魅力を力説「表しかない」

     タレントの関根勤が10日、自身のYouTube「関根勤チャンネル」を開設。第1回の配信は「関根しか知らない明石家さんまさんのすごいところ」として、さんまの素顔を語った。

     関根は「あの人は本当にスゴイよ。何がすごいって裏表がない。表しかない」とさんまがカメラの回っていないところでもキャラクターが変わらないと力説。

     さんまが主催するゴルフ大会「東西お笑い名人会」にはタモリやビートたけし、上岡龍太郎など大物が続々、参加するといい、番組内ではそこでのさんまの司会ぶりやゴルフ中のプレーやボケっぷりなどについて赤裸々に語った。

     関根は同チャンネル内でYouTubeを始めた理由を「僕はね何でも勧められるとやるタイプなんですよ」」とし「質問どんどん受け付けます。何でも答えます」と宣言している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/383f2ddd1bfe7c3f8eda713f0a1bdd52522269d3

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 Youtube)


    【【芸能】関根勤がYouTubeチャンネル開設 第一回はさんまの魅力を力説「表しかない」】の続きを読む


    中山 加奈子(なかやま かなこ、1964年11月2日 - )は、日本のボーカリスト、ギタリスト、作詞家、作曲家。 出身は京都府とするものと神奈川県とする資料がある。母親は、広島県出身。  神奈川県立磯子高等学校卒業。 プリンセス プリンセスのギタリストとして活動。活動中に「Diamonds」や「GO
    13キロバイト (1,026 語) - 2021年12月13日 (月) 02:41

    (出典 arty-matome.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/09(月) 21:41:21.45

    2022年05月09日 16時50分

     J―ROCKシーンを牽引したガールズバンド「プリンセスプリンセス」の元ギタリスト・中山加奈子がボーカルを務める「VooDoo Hawaiians」が5月15日、「ロックシティココハマ vol.57 ロックとお酒で世界平和『日本酒&赤ワイン』」に出演する。

     神奈川県横浜市のライブハウス「横浜7th Avenue」で開催。今年結成24周年を迎えるVooDoo Hawaiiansの出演は2回目となる。

     中山は「私の地元・横浜での熱いイベントにまた出演できてうれしいです。ずっと変わらないのはロックの初期衝動を持っているところ。そこは初期のプリプリに通じるものがあるのかもしれません。この日、横浜の皆さまと楽しい時間を共有できることを楽しみにしています」と語る。

     明治25年創業の老舗酒屋「横浜君嶋屋」4代目社長の君嶋哲至氏が、震災後に横浜の街が元気になるように始めたロックイベントで、今回57回目となる。

     ベーシストの曽我〝JETTSOUL〟将之は「君嶋さんの掲げる『横浜をロックシティに』『ロックとお酒で世界平和』ってコンセプトにも個人的にシンパシーを感じますし、長く継続されていることも素晴らしいと思います。現状だと、そんなにライブ本数をやれる感じでもないので、数少ない機会、ぜひともお見逃しなく」と話す。

     6バンドが出演するイベントだ。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4180037/


    【【芸能】 元プリプリのギタリスト・中山加奈子率いるバンドがイベント出演】の続きを読む


    満島 ひかり(みつしま ひかり、1985年 〈昭和60年〉11月30日 - )は、日本の女優・タレント。本名同じ。 鹿児島県鹿児島市生まれ、沖縄県沖縄市出身。ユマニテを経て現在はフリーランス。 沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵を目指せ!NEW・SUPER
    94キロバイト (12,059 語) - 2022年5月5日 (木) 14:01

    (出典 news-img.dwango.jp)



    1 フォーエバー ★ :2022/05/09(月) 17:49:53.64

     女優の満島ひかりが9日までに自身のインスタグラムを更新。母親の写真を公開し、満島にそっくりと注目を集めている。

    【写真】満島ひかり、母親の顔出しショット(別カット)

     満島は「わが家の永遠のアイドルに感謝をこめて happy mother’s day」とコメント。若い頃の母親が赤ちゃんを抱いている写真を2枚アップした。

     この投稿のコメント欄に「ひかりちゃん、そっくり」「クリソツ」との声が寄せられると、満島は「年々寄ってます」「父いわく、ビフォーアフター 笑」と返信。また俳優の妻夫木聡から「お父様もとってもカッコよかったけど、お母様も美人さんだね!てか、お母さんそっくりだな!」とのコメントが届くと、満島は「笑笑」と返した。さらにミュージシャン・坂本龍一と矢野顕子の長女で歌手の坂本美雨も「beautiful」とコメントしていた。

    5/9(月) 12:15配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/feebce1e56119b1659ca39ad6d533656d5e587cc

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】満島ひかり、母親の顔出しショットに驚きの声!「そっくり」「美人さん」妻夫木聡ら有名人も反応】の続きを読む


    上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年1月20日 - 2022年5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、ちゃん(先輩芸人が使用する)または、さん(若手芸人などが使用することがある)。
    36キロバイト (5,073 語) - 2022年5月11日 (水) 13:07

    1 muffin ★ :2022/05/11(水) 17:31:18.64

    5/11(水) 13:36配信
    スポニチアネックス

     お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(うえしま・りゅうへい)さんが死去したことが11日、分かった。61歳。兵庫県出身。きょう未明、自宅で亡くなっているのを家族が発見したという。

     訃報を受け、ネット上では悲しみの声が続出。太田プロダクションの後輩にあたるお笑いタレントの有吉弘行は、過去に「涙をこぼすのは上島さんの葬式だけ。と決めている」「上島さんは『俺の葬式の時には、俺の顔に熱湯をブッかけてくれよ!』と言う。。。中々ハードな注文だ。かける方の世間体もあるし。。。まあ世話になったし、やってみるか。。。」とツイートしており、有吉のツイッターには「大丈夫でしょうか」「有吉さんが心配です」と心配する声が多く寄せられた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b93197f5720eb41e1f17a5a75f0b85edd40f0746
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/11/kiji/20220511s00041000282000c.html


    ★1:2022/05/11(水) 14:30:57.62
    【芸能】「涙をこぼすのは上島さんの葬式だけ」有吉弘行の過去のツイッターに心配の声続々
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652247057/


    【【芸能】「涙をこぼすのは上島さんの葬式だけ」有吉弘行の過去のツイッターに心配の声続々】の続きを読む


    上島 竜兵 (うえしま りゅうへい、1961年1月20日 - 2022年5月11日)は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名は、上島 龍平(読み方同じ)。通称、ちゃん(先輩芸人が使用する)または、さん(若手芸人などが使用することがある)。
    36キロバイト (5,073 語) - 2022年5月11日 (水) 13:07

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/11(水) 19:19:27.30

    5/11(水) 19:03
    スポニチアネックス

    松本人志 上島竜兵さんの訃報に「今日は仕事でテンションを上げるのに少し苦労しました」

     「ダウンタウン」の松本人志(58)が11日、自身のツイッターを更新し、急死したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さんを追悼した。

     松本は「今日は仕事でテンションを上げるのに少し苦労しました」とつづり「同世代の仲間やからね…」と上島さんの突然の別れを偲んだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef7a0401c63ed32549251518639d95d28fe8d554


    【【芸能】松本人志 上島竜兵さんの訃報に「今日は仕事でテンションを上げるのに少し苦労しました」】の続きを読む


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年〈平成4年〉11月21日 - )は、日本のタレント、プロデューサー、司会者、コメンテーター、YouTuber。 女性アイドルグループ・『=LOVE』と『≠ME』のプロデューサーを務める。女性アイドルグループ・AKB48およびHKT48、STU48の元メンバーで
    119キロバイト (16,619 語) - 2022年5月5日 (木) 19:52

    1 muffin ★ :2022/05/09(月) 19:08:35.12

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/09/kiji/20220509s00041000446000c.html
    2022年5月9日

    タレントでユーチューバーのフワちゃん(28)が8日、自身のYouTubeチャンネルを更新。タレント・指原莉乃(29)との旅行中に起きた事故の映像をそのまま投稿し、大きな反響があった。

    「フワちゃんのゲキ下手駐車」と題された動画で、フワちゃんは「どこ見ればいいんだっけ、駐車?どっちに回したらどっちに進むのかまだ理解してない。きえぇぇ!」と、奇声を発しながら悪戦苦闘。なんとか車を停めることに成功するも、指原は「ここまでかかった時間、ちょうど2分です!」と発表して、楽しんでいた。

    その次にアップされた動画のタイトルは「さっしー乗せて普通に事故るフワちゃん」。右折しようとしたフワちゃんだったが、突如ドンッという衝撃音が車内に響く。指原が「痛い!やばい、もう地獄…」と苦笑すると、フワちゃんは「保険入ってるから大丈夫!」と言いながら車外へ。壁と接触した部分を見ると、えぐられた大きな傷があり「ゴリゴリにやってるわ…アウトー!」と笑うしかなかった。

    コメント欄では「いや予想の10倍ぶつけてるwww」「超巨大熊に引っ掻かれたような傷跡」「さっしーの焦り方がガチw」「思ったよりやばすぎるわww」「物損事故でよかった…」「これこそYouTuberって気もするから好きだわ」「助手席にほけんの窓口。」などと、大きな反響があった。動画は9日午後3時時点で約30万回再生を記録している。


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】フワちゃん、指原莉乃とドライブ中に“事故” 衝撃映像に視聴者「予想の10倍ぶつけてる」】の続きを読む


    峯岸 みなみ(みねぎし みなみ、1992年〈平成4年〉11月15日 - )は、日本のタレント。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーで、同グループの派生ユニット・ノースリーブスのメンバー。東京都板橋区高島平出身。Mama&Son所属。 2002年 3月、小学生時代に『ハロー!プロジェクト・キッズ
    82キロバイト (10,448 語) - 2022年4月30日 (土) 15:21

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/09(月) 13:37:46.85

    2022.05.09 11:02

    元『AKB48』の峯岸みなみが、5月8日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演。希少商品に対する考え方を明かしたところ、視聴者をザワつかせている。

    この日は、1990年代に流行した『たまごっち』を特集。『チョコレートプラネット』が、たまごっちを販売したバンダイの悪戦苦闘ぶりをプレゼン。予想以上の売れ行きの裏に潜んでいた「しくじり」を明かした。

    プレゼンによると、売れ過ぎるがあまり、追加のたまごっちが届くまでに6カ月かかると知らされ、購入できないとの苦情電話が1日5000件寄せられたとのこと。また、商品不足が原因で定価1980円のたまごっちが、数十倍の価格で取引されるようになったという。


    「たまごっち」の高額取引に私見?

    伊集院光は「ネットでは放送できるぐらいのレベルでいえば、女の子たちがとんでもないことをしたり…手に入れるために」とぼかしながら、たまごっち欲しさにとった女性たちの行動を振り返った。

    『チョコプラ』の松尾駿は「これが10万(円)ですよ、峯岸さん」と話を振った。峯岸は「今は考えられないですけど当時、本当にみんなが欲しがって、自分が持ったらスターになれるんだっていうのを思ったら…パンツぐらいは見せるかも」とポツリ。

    続けて「見せる!」と宣言した峯岸に周囲からは「やめな! お前!」とツッコミが飛び、松尾は「伊集院さんがせっかく(オブラートに)包んで言ってくれたのに…」と嘆く。峯岸は「(パンツを)見せるぐらいですよ?」としたが、松尾は「ダメダメダメ!」と注意した。

    視聴者は冗談交じりの発言とは理解していたようだが、それでもあまりよい発言ではないと考えたようだ。

    《オブラートに包んだのに「パンツ見せる」でオブラートが軽く破れるトーク》
    《峯岸さん、パンツ見せるはデリケートなのよ》
    《峯岸さんのパンツくらい見せるかも発言ちょーすきなんだがwww》
    《峯岸! パンツはあかんよ! てつやが許さないよ笑!》
    《パンツ見せちゃダメ峯岸(笑)》
    《峯岸、パンツぐらいなら…ってそれだけは言っちゃいかんよ》
    《演者みんなで包んだオブラートを秒速で剥がしてんのが、なんで元アイドルなんだよ。パンツくらいは笑うやろw》
    自由奔放な発言も『東海オンエア』てつやが惚れた要因なのだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/350810


    【【芸能】「パンツぐらいは見せるかも」峯岸みなみの発言にザワつく視聴者…】の続きを読む


    松本 まりか(まつもと まりか、1984年(昭和59年)9月12日 - )は、日本の女優、ナレーター、声優。 東京都出身。所属事務所はイトーカンパニー→Grick→A-team所属。 2000年にテレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビュー。同年から2001年まで雑誌『ピチレモン』(学研)のレギュ
    74キロバイト (9,387 語) - 2022年5月8日 (日) 09:14

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/10(火) 14:26:59.93

    5/10(火) 13:31
    東スポWeb

    松本まりかが再び深夜の連続ツイート「承認欲求が原動力になってた」

     女優の松本まりか(37)が内面をさらけ出している。

     松本は10日午前3時ころから速射砲のように長文ツイートを連発。

    「見てほしい見つけてほしいここにいるよって、ただ猛烈に、自分の存在を認めてほしかった。寂しかった子供時代に生まれた 承認欲求 演技が好きでここまできた、といえばカッコいいが、それはもっと深く言えば、承認欲求。演じることでだったらその欲求を満たすことできるかもしれないって思ったから」

    「自分の中に承認欲求があるのは事実だ。それが原動力になってたのも事実だ。でもその承認欲求が満たされた時、自分に何がもたらされるのだろう。そんな素晴らしい世界が待ってると思ってた? 承認欲求が満たされたら幸せを感じるの? それがゴール? その満たされた先に何があるかと考えられなかった」と、自身の胸の内を吐き出した。

     その後、就寝したとみられる松本。目が覚めると、今度はポエム調のツイートで心構えを説いた。

     松本は10時48分に「おは。眠いぞ」と投稿。続いて「だが、私は自由だ 何をしようが自由だ遅く起きたっていい 眠くたっていい 原稿仕事はあるが それに向かうまで私をどうするかは私の自由だ ゆっくり 頭ココロ整えて それから そこに向かう 自分の準備 ベースの自分を築くこと それから仕事をしたいのです」と明かした。

     さらに「どう自分を整えようか 試行錯誤して 時間使って やってる最中。生活しながらただ、最低限自分の生活だけをしながら ココロアタマを整えること 生活しながら、あ、空が光ってる、とか、緑が気持ちいい、風がそよそよ、水がチロチロ、鳥がちゅんちゅん、そんなのを気付きながらゆっくり整える」と、気持ちを整理するために努力している一面をのぞかせた。

     松本は4月26日にも意味深な連続ツイートで、話題になっている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b9ceb46deda99d2f62300a5539c24154dd1ccdf9


    【【芸能】松本まりかが再び深夜の連続ツイート「承認欲求が原動力になってた」】の続きを読む


    内田 有紀(うちだ ゆき、1975年(昭和50年)11月16日 - )は、日本の女優、歌手、モデル、司会者、タレント。東京都出身。本名同じ。 音楽レーベルはキングレコード、所属事務所はバーニングプロダクション。★☆北区つかこうへい劇団第8期生。 東京都・広尾生まれ、裕福な家庭に育つ。小学6年生の頃
    37キロバイト (3,581 語) - 2022年5月2日 (月) 11:03

    1 フォーエバー ★ :2022/05/09(月) 19:33:44.53

    「撮影の空き時間には共演者の満島ひかりさんと2人で、『木村(拓哉)さんいいですよね』『癒し系だよね~』とキャッキャと話していました」(ドラマ関係者)

    【画像】内田の現場にいつもいる“仕事のできるイケメン”

     ドラマ『未来への10カウント』(テレ朝系)で30年ぶりにキムタクと共演している女優の内田有紀(46)。今もなお変わらない溌剌さには理由があって――。

    ◆ ◆ ◆

    結婚、引退、そして離婚後の女優復帰で再ブレイク

    今年が女優生活30周年の内田

     モデル活動を経て、17歳で女優デビューした内田。2002年には『北の国から』(フジ系)で共演した俳優の吉岡秀隆と結婚し、芸能界を引退。しかし、僅か3年後に離婚すると、06年に女優復帰を果たした。

    「演技コーチを付けるなど努力を重ね、12年に『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレ朝系)で再ブレイク。その後も大河や朝ドラなど話題作への出演が相次いでいる」(芸能記者)

     16年にはドラマ『ナオミとカナコ』(フジ系)で広末涼子とW主演を飾った。監督の金井紘氏が振り返る。

    「夫のDVに怯えながら、友人と共に夫の殺害を企てるという難役を演じられた。実力もキャリアもある方なのに、デビューしたての女優さんのようなハングリーさがあって、DVに関する資料も丁寧に読み込んでいました。雨でずぶ濡れになる大変なシーンでも、終わった瞬間に笑顔で『寒い~』と現場の空気を明るくしてくれて。美術部のアシスタントの子が肌荒れした際には家からクリームを持ってきてあげるなど気配りもあり、みんな内田さんのファンになっていましたね」

    内田の現場にいつもいる“スーツ姿のイケメン”
     そんな彼女の現場には、「いつもスーツ姿のイケメンがいる」と関係者の間で話題になっているという。いったい誰なのか。

    「俳優の柏原崇(45)です。94年のデビュー後、ドラマ『白線流し』(フジ系)などで脚光を浴び、04年に女優の畑野ひろ子と結婚しました。ところが結婚半年後、路上駐車を巡って傷害事件を起こして書類送検され、06年に離婚。芸能活動からも遠ざかっていき、14年の映画出演を最後に俳優としての活動はしていない」(スポーツ紙デスク)

     一方、内田とデートをする姿は度々目撃されている。

    「95年にCMで初共演し、01年にドラマ『ビッグウイング』(TBS系)で再会。友人関係が続いた後、09年末から交際がスタート。これまでも競馬場や中目黒のレストラン、コンビニ帰りに手を繋いでいる姿など、仲睦まじいツーショットが報じられている」(同前)

     10年以上連れ添う2人だが、結婚はしていない。

    「互いに離婚経験があるからこそ、再び失敗したくないようで“事実婚”状態を続けている。内田自身も女性誌の取材で結婚観を問われた際、『形を持つことには、あまり意味を感じなくなってきた』と答えています」(前出・記者)

     では、なぜ柏原が内田の現場にいるのか。


    内田を“マネージャー”として支える柏原。その仕事ぶりとは?
    「車で内田さんの送迎をするなど“マネージャー”として女優活動を献身的に支えているんです。時にはスタッフに『僕も使って下さいよ~』と冗談混じりに言うこともありますけど(笑)」(前出・ドラマ関係者)

     柏原の“出番”は現場のみに留まらない。

    「実は、内田さんのインタビュー原稿も彼が目を通しているんです。記事を送ったら、返信メールの署名に『柏原崇』の名前がありました。確認もスピーディで、修正もこう直した方が確かに伝わりやすいと思うような的確な赤字ばかり。さらに原稿を褒める言葉まで添えてあって、凄く仕事の出来る“マネージャー”でしたね」(前出・記者)

     柏原の所属先に内田との関係や今後の活動などを問い合わせると、「現在柏原は裏方業を中心としているため、お答えする事は控えさせていただきたく存じます」と回答があった。

     内田自身は今後もドラマに引っ張りだこのようで、

    「7月クールの日テレ系ドラマへの出演も決まっているそうです」(民放関係者)

     最強の“裏方”をセコンドに、幸せな未来へのカウントを刻み続けている。

    5/9(月) 17:12配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/71b7ac68df6c68131049aff9b7e74416d139f160?page=1

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】内田有紀の現場にいつもいる“仕事のできるイケメン”は柏原崇だった】の続きを読む


    浜辺 美波(はまべ みなみ、本名同じ、2000年8月29日 - )は、日本の女優。愛称は「ベーやん」「みーちゃん」。石川県出身。東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。 2011年、第7回『東宝シンデレラオーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラルーム所属とな
    140キロバイト (18,098 語) - 2022年5月10日 (火) 12:56

    1 ひかり ★ :2022/05/10(火) 12:33:03.00

     女優の浜辺美波さんが、神木隆之介さん主演の2023年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「らんまん」で、ヒロインを務めることが5月10日、明らかになった。浜辺さんは、神木さん扮(ふん)する槙野万太郎さんの妻である寿恵子(すえこ)を演じる。

     「らんまん」は、明治から昭和にかけての激動の時代の中で、ひたすらに愛する草花と向き合い続けた、ある植物学者の波瀾(はらん)万丈の物語を描く。原作はなく、 昨年放送されたNHK連続ドラマ「群青領域」(総合)などを手がけた長田育恵(おさだ・いくえ)さんが脚本を担当する。
     浜辺さん演じる寿恵子は、東京の下町で母と菓子屋を営んでいたが、万太郎と運命的な出会いを果たし、後に結婚。植物研究に金をつぎ込む夫のために、あの手この手で苦しい家計をやりくりし、最終的にはあっと驚く方法で家族を救う。万太郎や子どもたちと、貧しくも楽しく明るい家庭を築く……という役柄。
     寿恵子を演じる浜辺さんは、「祖父母、親孝行になる朝ドラという歴史ある番組に神木隆之介さんという敬愛する大先輩と共に出演させていただける機会との巡り合わせに、企画書を読む手が震えるほどうれしかったことを覚えています」とコメント。
     「脚本の長田育恵さんともお話しをさせていただき、夫を支えるひたむきな妻、という姿だけではなく寿恵子さん自身が植物のように根を強く張りたくましい女性として生涯を万太郎さんと駆け抜けて行けたらよいなと思っております。見てくださった方に快い笑顔になっていただけるよう精いっぱい努めます。2023年の春を迎えるのが今から楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします」と意気込みを語っている。

    まんたんウェブ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/70cc0fe0123d01cdfad926d2543579aa9b32bf5f


    【【芸能】<浜辺美波>「手が震えるほどうれしかった」2023年度前期朝ドラ「らんまん」でヒロイン 主演・神木隆之介の妻役に】の続きを読む

    このページのトップヘ